恋するベトナム1人旅(ホーチミンのおすすめプチホテル&タクシー移動)

恋するベトナム1人旅(ホーチミンのおすすめプチホテル&タクシー移動)

ホーチミンに22時到着。まずは、ATM探し!

仁川を経由してホーチミンの空港に夜到着。

交通手段はタクシーですが、まずは現金が必要なのでATMを探すことに。両替なんかしません。マルタの時に作った新生銀行のキャッシュカードがあるのですから!

予めATM情報をリサーチしてはいたのですが、なかなか見つからず。人に聞いてようやく空港を出た外にATMがあることが判明。

出発ロビーのフロアに行き、そのまま外に出たらすぐ右手にATMありました。(ちなみに、2回目にベトナムに行った時は迷わず来れた^^)

ベトナムドンは0が多すぎて訳わからん!と思いながらも、何とか出金完了。

タクシーはVINA SUNか緑のMAI LINHタクシーの2択です!

これはガイドブックにも載っていると思いますが、タクシー乗り場からこの2社で選べばまず大丈夫。「タクシー?」と、声を掛けてきて中央にある駐車場に乗せようとしてくる白タクもいますので、絶対に乗ってはいけません!ボッタクリです。(2回目にベトナムに来た時に遭遇)

photo by VINASUN TAXI

photo by Mai Linh Taxi

GRAB TAXIは?

空港のWiFiにつながればこれもありです。現金いらないですしね。

ただ・・・22時に到着するとなると早くホテルに行きたいですよね。2回目にホーチミンに訪れた際に普通のタクシーよりも安いからと宿が手配してくれましたが、新人ドライバーに当たってしまい、道に迷って迷ってむしろ高額だったので個人的にはおすすめ!とは言えません。

無事にビナサンタクシーに乗車し、ホテルへ!!!

が、しかし・・・

ホテルの場所が地図を見ても非常にわかりにくく・・・。(いつもこういう所選んじゃうのよね)

タクシードライバーのお兄さんがすごく親切な人で、タクシーを降りてホテルの場所を聞きに行ってくれました。

「とても細い道でタクシーは入れないけど、あそこの路地だよ!」

みたいなことを片言の英語とジェスチャーで教えてくれました。

そして、降りていざ支払いをしようとしたら、高額紙幣しか無くてお兄さんが自分の財布から必死に小銭を集めておつりを返してくれました。

ごめんね・・・><。

でも、到着初日からとってもいい人に当たったのはラッキーでした。

ええ。確かに昼間見てもよく分からない場所です。タイビン市場の中に突入?みたいな脇道でしたので。

タイビン市場

えええ?!この道をずーっとまっすぐ歩く。(実際は夜だったのでけっこう怖い)

意外にこの通りはホステルが多かった。安宿ストリートかもしれない。見えてきた!

到着!Hello House。再奥にありました〜。バイクじゃないと来れない場所ですね。

きれいなお花がたくさん咲いていて雰囲気が素敵でホッとしました。

ホーチミン女子1人旅&カップルおすすめホテル

私が宿泊した時(Hello House)からホテルの名前が変わっているようですが、相変わらず評判は良いようなのでおすすめしたいと思います。

Khoi 2 Hostel(コイ2ホステル)

photo by Agoda

部屋の雰囲気は今も変わらず、こんな感じで部屋は清潔で可愛い色彩のインテリアです。

冷蔵庫が地味に嬉しい。

到着した日は夜でしたが、冷蔵庫の中に333が冷えていましたので思わず1人祝杯を上げました。(コンビニの方が安いけど価格もまあまあ良心価格)

1泊2人で(朝食・税込)で2,000円前後。

スタッフの方達もとてもフレンドリーで感じが良かったです。

シャワーも水圧しっかりで熱いくらいのホットシャワーでした。

朝食も簡素でしたけどフルーツとベトナムコーヒーは美味しくてそれだけでも満足♪

ホテルのロビー

朝食を食べるスペースphoto by Agoda

パステルカラーの色使いがセンス良くてフランス文化の影響かな?と思わせるくらい素敵でした。後日紹介しますが、ホーチミンは建物の壁がカラフルでハノイとは全然違います。

土足厳禁なので床も毎日掃除されていていつもきれいでした。本当に家のようなプチホテル。

朝食はやっぱり練乳入りベトナムコーヒー(カフェスァダー)

オムレツとでっかいパン(バインミーに使うようなパン)、フルーツ、ドリンクという朝食。ベトナムフォーも選べたと思います。コーヒーは文句無く美味しい。

氷もたっぷりホーチミンスタイル。バナナ・・・2本は多いかな^^;

ベトナムのホテルは窓が無い!?

ベトナム都市部でホテルを探すと、よく「No Window」とか「眺望なし」って書いてあります。私が宿泊した部屋も「眺望なし」でした。

窓?らしきものはありました。一応外の光が入ってきました。

間接的に、ですけどね。

ほら!絵の隣に申し訳無さ程度にあるこれです!!!

窓です。窓です。窓です・・・?!(゚Д゚)

廊下に面した窓。階段吹き抜けからの光が差し込みます。(笑)

間接的に外の光を取り込みますよ!!!(゚Д゚)(゚Д゚)(゚Д゚)

これにはビックリしました。でもね、ベトナムの建物って間口が狭くて奥行きが長い日本の長屋みたいな建物だらけなんです。

ですから階段吹き抜けの上は天窓みたいな造りの建物が多いのです。

ベトナム人から聞いたという彼氏の話によると、家の間口の大きさで税金が変わるそうなのでみーんな間口は狭めなんだとか。

仮に窓があったとしてもお隣さんとの距離が近すぎて眺望ゼロ。カーテンで目隠しされていることがほとんどですので、バルコニーがついているような部屋は超高級です。これはラオスのヴィエンチャンのホテルも同様でした。

窓や眺望が無い分少しでも快適にしようと、インテリアは比較的センス高め?なのかもしれません。

地図はこちら。

タイビン市場近くでメインの通りにすぐ出られるのでロケーションはまあまあ良いです。

次回はいよいよ禁断のバイタクおじさんとの旅を書きたいと思います!お楽しみに!

関連記事

恋するベトナム1人旅(旅のはじまり)

禁断の?!バイタクおじさん1日チャーター&ホーチミン観光

ホーチミンに来たなら激安メコンデルタツアーがおすすめ!

ホーチミンからViet Jetでダナンへ。久しぶりのドミトリー宿泊。

ベトナムNo.1美味しいバインミーをホイアンで食す!